ダイレクトメールの種類とメリット

はがき

Eメールを利用する

Eメールを使ったダイレクトメールの良いところは、コストが安い点にあります。なぜなら、Eメールは基本的に無料で送信することができるからです。そのため、外注業者に依頼しても費用を安くすませることができます。
一方で、近年は迷惑メールの増加で開封率が低いため、対策が必要です。

FAXを使う

FAXの一番のメリットは開封率です。FAXは届いた時点でその内容が必ず目に入るため、かなり高い確率で相手に情報を届けることができます。ただ、FAXのインク代や印刷料は受信する側にかかってしまうので、送り過ぎには注意が必要です。

ポスティング

ポスティングのメリットは、リストが不要なことです。そのため、リストを集めるための軽費やリスト管理の手間を省くことができます。
一方で、ポスティングには人件費がかかります。また、どこにどれだけポスティングしたか正確な情報を得ることができないため、次の戦略に活かしにくいかもしれません。

ダイレクトメールを使うメリット

商品や紙媒体を発送する形式のダイレクトメールには、EメールやFAXにはないメリットがあります。そのメリットについて学んでおけば、よりダイレクトメールの長所を活かすことができますよ。

紙媒体のメリット

情報量が多い

紙媒体のダイレクトメールを使うメリットの一つは、その情報量の多さです。封筒で送る場合は冊子状のダイレクトメールを発送することもできるため、一回の発送で多くの情報を相手企業に届けることができます。

視覚に訴える

FAXやEメールによるダイレクトメールに比べて、郵送でのダイレクトメールは様々な色を紙媒体に載せることができます。カラーのほうが訴えかけたいことが伝わりやすく、商品のイメージを連想しやすいため、上記の方法より販促力が高いといえます。

対応リストが多い

FAXやEメールでは、自社で持っている全てのリストに対応しているとはいえません。中にはFAX不可な企業、Eメール不可な個人がいることもあります。そんな相手に対しても紙媒体の発送であれば対応することができます。

工夫ができる

封筒にいれて発送する場合、いくら内容の良いものを発送しても、開けて見てもらわないことには意味がありません。封筒を使った発送であれば、サンプル商品などを同封することで、開封率を上げることができます。

必ず商品を届けることができる

営業マンが営業をする場合は、相手が不在で訪問できなかったり、居留守を使われたりすることがあります。しかし、発送形式のダイレクトメールの場合、必ず自社の商品や販促冊子を一度は手にとってもらうことができます。

広告募集中