外注業者利用の流れと業者別の利用例

男の人

飲料水メーカー

最近は、自宅に届けてくれるタイプの水や栄養ドリンクを販売している飲料水メーカーが多いですよね。
このようなメーカーは、1年のうちに何度かキャンペーンを実施します。しかし、毎週キャンペーンを実施するわけにもいかないので、気がつかないうちに未着のダイレクトメールが増えてしまいます。
外注に依頼すれば、このような未着を減らすことができるので、コストを削減することができますよ。

アパレル通販

アパレルの通販では取り扱う商品が多いため、顧客整理が大変で、それはダイレクトメールにも同じことがいえます。
外注に発送を依頼することで、顧客情報をパソコン上で扱えるデータとして管理することができるので、未入居先への無駄な発送を削減することができますよ。

健康食品通販

健康食品はTVでも話題ですよね。
TVで健康食品を知ったらだれでも試してみたくなります。つまり、そのタイミングで販促をかけることが重要なんです。
外注の発送業者を利用すれば、ダイレクトメールが到着した日時をパソコン上で管理することができるので、例えば、メールが到着した時に販促の電話やメールをすることも可能です。
せっかく費用をかけてダイレクトメールを送るんですから、商機を逃さないことが大切ですよ!

流れを把握しましょう

見積もり依頼

利用したい外注発送業者を決める時には、実際に見積もりを依頼しましょう。見積もりを依頼することで各業者の代行費用をひと目で比べることができるので、自分で費用を計算する手間が省けますよ。

注文する

見積もりとサービス内容に納得ができたら、外注依頼を注文しましょう。注文後に、発送日や外注業者が提案するサービス、個人情報についての取り決め、入金の確認などを担当者と決めていきます。

データの保護方法

ダイレクトメールでは、たくさんの個人情報を取り扱います。情報の機密性を確保できなかった場合は、会社の信頼に関わります。そのため個人情報保護にどのような手法を取っているのかしっかりと確認しておきましょう。

印刷業者との打ち合わせ

ダイレクトメール作成を依頼した印刷業者が、発送代行業者に印刷物を納入するときにトラブルがあると、期日までに発送できないことがあるかもしれません。そのため、印刷業者の納入日を再確認しておくことが大切です。

入金と発送

発送日か確定したら、代行業者が運送会社に発送物の集荷を依頼します。この時までに入金を済ませておかないと、代行業者が発送をストップしてしまうこともあるので、余裕をもって入金しておきましょう。

広告募集中